在宅カメラ転売「ラストチャンスLastChance」を購入してみたけど・・・。

 

にの君です。

インフォトップに上位ランクインしていた

転売系の情報商材があったので

実際に購入して、中身を見てみました。

 

在宅カメラ転売という、割と

結構昔からあるオーソドックスなジャンルで

特に真新しいノウハウではないみたいなのですが

 

個人的にせどりや電脳せどり(国内間のネット転売)

は得意でも、カメラ転売に関しては

前からそういう稼ぎ方があるのだという

認識がある程度で、実際に手を出すのを

敬遠しておりました。

 

専門的な知識が必要だという事と、

商品単価(仕入れ単価)が

比較的高いという理由から

カメラ転売は一切やらなかったのですが

興味本位で購入したので、僕なりの見解で

レビューしてみたいと思います^^

 

LastChanceラストチャンス在宅カメラ転売

http://hinata-lastchance.com/

 

価格が24,800円という事ですので

情報商材にしては割高で、

実際に購入を迷っている人も多いみたいです。

 

今は数万円で出回っている情報が

検索すれば無料で手に入る時代ですから

やはりこういった情報商材から

「何を得られるか」というのが

凄く重要な部分となるかと思います。

 

個人的な感想として、その「何を得られるか」

という点に関しては、はっきり言って

「これと言って真新しい情報を得られない」

というのが僕の率直な感想になります^^;

 

それこそ、上述してきたとおり

カメラ転売はかなり昔から出回っている

オーソドックスなノウハウで、

このカメラ転売を生業として稼いでいる

セラーも多くいるくらいですから

 

「カメラ転売で稼ぐ方法」を

ネットで検索してみれば、

ある程度の必要最低限の情報というのが出てきます。

 

そして、カメラ転売に関しては

その「必要最低限の情報」というのが

あまりにも浅く、ノウハウ自体が

いたってシンプルで簡単なため、

初歩的な情報を手に入れるだけで

素人が触っても儲かる商品を見つけて

売ることができるというのが、カメラ転売の実状です。

 

ですので、このラストチャンスLast Chanceを

購入したからと言って

カメラ転売に関しての重要な新しい情報を

得られるということはありませんね。

 

カメラ転売に興味がある方、

もしくは、ネットビジネスや物販を

始めたいけど何から手をつけたらいいのか

右も左もわからないという本当に無知な方は

カメラ転売に取り組めるのではないかと思います。

 

ただし、先ほども言ったように

「検索すればでてくる」そんなレベルの

ノウハウだという印象を受けましたので

検索能力がある方は、実際にお金を

払ってまでラストチャンスLast Chanceを

購入する必要はないのではないのかなと

個人的には感じました。

 

インフォトップで上位に

出ていた商材なだけに、何か真新しい情報を

得ることができなかったのは少し残念ですね。

 

なぜこの商材が売れているのか?^^;

 

カメラ転売ラストチャンスがなぜ、

上位ランクインするほど売れているのか

疑問に思い色々と検索してみると

 

ラストチャンスLast Chanceが売れている

理由として、何やらカラクリがあったみたいです。

 

実はこの情報商材の販売者である

日向寺恭子さんは、小玉歩さんいう

ネットビジネス業界で有名な方の

スクールに入っていたみたいで、

そのスクールの塾生どうしで

協力しあって商品を売っているみたいです。

 

そのスクールがNBGCとい物なのですが

これは「情報起業」に特化した

スクールで、いわゆる

「稼ぐノウハウを作って売りましょう」

というのがコンセプトのスクールになります。

 

日向寺恭子さんは、このスクールに入って

その後に在宅カメラ転売に出会い、

そして今まさに情報販売者として

ラストチャンスLast Chanceを販売している

というわけですね。

 

もともと専属で転売で稼いでいたというのではなく

あくまで「情報を売ることを目的とした」

となれば、作った情報商材の中身が

薄っぺらくなるのは至極当然のことでしょう^^;

 

日向寺恭子さんが実際に稼いでいるか

どうかは別としても、

コンテンツとして販売する目的で

カメラ転売をやっていたのであれば

それこそ、そこらへんに無料で

転がっている情報を集めて、

 

それをコンテンツとしてまとめあげて

商品にしたというだけになりますので

そう考えると、ラストチャンスLast Chance

の値段の24,800円という金額は非常に高いと感じます。

 

また、この在宅カメラ転売の

ラストチャンスLast Chanceが

はなから「情報商材として売る目的」で

作られたのではないかと思われるような

発言や表記が至る所で見て取れます。

 

さきほどのスクールのNBGCを検索

していると、日向寺恭子さんが

インタビューに答えていたのですが

その時には月収30万円という

金額を稼いだと公言しているのですが

 

スクリーンショット 2016-01-15 15.46.56

 

セールスページを見てみると

スクリーンショット 2016-01-15 18.21.23

 

 

すぐさま月収50万円を達成したそうです。

時系列のずれなどが多少はあるとは思いますが

どちらが正しいのでしょうか^^;

 

また、セールスページをじっくり読んでみると

スクリーンショット 2016-01-15 18.24.10

 

少なくとも10万円は可能な手法、

月100万やそれ以上も可能なのノウハウ。

 

このように書かれております。

 

それなら、すぐさまにでも

月収100万円稼いで情報商材として

販売した方が売れたのではないのかと

思わずツッコミを入れたくなりますね。

 

ましてや、情報商材の販売者が

その「月収100万円」を達成していないのに

このような発言をされるのはどうかと思います。

 

僕の場合で言うと、月収200万円稼げば

月収200万円稼ぐまでのノウハウしか

教えれませんし、それ以上の実績を

持っていなければ、

「それ以上も可能」などという

無責任な発言はしたくないですけどね^^;

 

こういった細かい部分を見ていくと

どんどんボロがでてきて

不安になる要素がたくさんでてくるものですが

あら探しをしてしまうときりがないので

この辺にしておきます^^;

 

極論を言ってしまえば、嘘八百の詐欺だろうが

詐欺じゃなかろうが、実績が嘘でも本当でも

その情報商材から得る情報で

あなたが実際に稼ぐことができれば、

結果オーライだと思いますので

あくまでも、購入を迷われている方は

ご自身の判断でお願いします。

 

ただし、在宅カメラ転売ラストチャンスの

セールスページにも書かれているとおり

「楽をして稼ぐ」ような、そんなノウハウでは

ないので、楽をして稼ぎたい方には

本当に不向きなノウハウだと思います。

 

ネットの最大の恩恵を受けた

レバレッジを効かせた転売ビジネスに

取り組むのが、最終的には一番楽をできます。

 

自分の作業が多いと、結局のところ

お金を稼いでも時間がなくなれば

本末転倒だと思いますので

その点をしっかりと念頭においた上で

「何に取り組むのか」今一度考えてみてはいかがでしょうか。

 

また、僕が自社で開発した物販で300万円稼ぐツールを

開発したので、そちらも合わせてお読み頂ければと思います。

 

フリマアプリで300万稼いだ神ツールはこちら

 

それでは。

 

 


 

 

ご購読頂きありがとうございました。

当ブログ限定の日刊メルマガを発行しております。

表ではお話できないような

有料級のお話をメルマガでさせて頂いております。

 

僕のメルマガに登録してもらえれば

 

・利益率60%超えの販売方法とは?

・永続的に中国輸入ビジネスで稼ぐ方法とは?

・OEM.本格的な物販について

・ブランドやメーカーの欧米輸入について

・せどり、電脳せどりで稼ぐ方法とは?

・本当に優良な転売ツールとは?

・最も効率的な無在庫販売のやり方とは?

・タイムリーな儲かる商品を知りたい。

・フリマアプリで300万円以上稼ぐ方法とは?

・輸入ビジネス儲かる商品リスト100個

・フリマアプリ自社開発ツール

・物販を自動化するアウトソーシングとは?

 

 

上記した内容を日刊メルマガでお届けします。

メルマガ登録は以下よりお願いします。
転売月収200万円稼ぐ裏メルマガ

コメントを残す

このページの先頭へ