今すぐ転売ビジネスで月収数百万円のステージへ。

 

 

さて、今までのをふまえた上であなたが最速最短で

月収数百万円のステージへ上り詰めるために

 

多くの転売プレイヤーが必ず実践している

失敗ができないステップアップについて解説していきます。

 

 

作業を継続させるために重要なこととして、

そもそもこのビジネスを「継続したい」と思えるように

まず第一に意識すべきことは即金性を意識することです。

 

 

転売ビジネスは掛け算ですので、1000円の利益を取れる人は

100万円の利益を取ることができます。あなたがまず第一にやる事とは

 

0を1に変える事。そして1を100に変える事なのです。

 

そのための具体案としてまずは、店舗からのせどりや、

フリマアプリを使った国内転売が一番向いていると思います。

 

 

国内転売であれば、仕入れから着金までのキャッシュフロー

が早く、低資金でも回せますし、初心者にも敷居の低い

 

誰でも簡単に成果を上げられるようなビジネスモデルになります。

まずは国内転売で、月収10万円〜30万円を目指しましょう。

 

 

利益を得る感覚を身につけ、さらにそれを継続して稼いでいくために、

他者が中々やりたがらないビジネスを展開していく必要があります。

 

 

利益で30万円を超えてきたあたりからは、海外からの仕入れを

視野に入れていくべきです。

 

 

 

主に中国からの仕入れであれば、商品単価が安いですし

Amazonやオークションなどで売れている中国製品に「相乗り」していくという、

すでに出来上がったビジネスモデルに乗っかって進めていく事ができますので、

 

 

リスクなく稼いでいく事ができます。ですから

中国輸入で30万円〜50万円ほどを目処に取り組んでいきましょう。

 

 

最終的には、そのビジネスモデルでライバルに邪魔される事なく

継続して稼いでいくという事と、自分が作業をしなくても

キャッシュが生まれる仕組み作りを意識して、ビジネスに取り組んでいくべきです。

 

 

・自社ブランドの構築、OEM物販

・ネットショップ運営

・ツールや外注さんを雇うアウトソーシング

 

 

これらに取り組んでいくべきかと思います。

 

難しく感じてしまうかもしれませんが、いざやってしまえば

誰でも簡単にできますし、転売で成功している人間は

必ずこれらを意識してビジネスを継続させています。

 

 

OEM,ネットショップ運営であれば軽く100万円以上の利益を

得ていく事が可能になります。

 

 

もちろん、国内転売のみ、中国相乗り出品のみでも

月利数百万円台を稼ぐのは物理的には可能なのですが、

 

 

かなり非効率的かと思いますし本質的に生涯継続して

やっていけるようなものではないと思いますので

必ず差別化戦略や、独自性を生かしたビジネス展開していくべきです。

 

 

ライバルが参入する事ができないビジネスの構築と、自分が労力を

かけない仕組みさえ作る事ができれば月収数百万円台を「維持」

していく事ができますし、時間的余裕ができてきますので、

その他様々なビジネスを展開していく事ができます。

 

・国内転売

・中国輸入

・OEM,ネットショップ

・アウトソーシング

 

 

これらが転売ビジネスで成功するための具体的戦略と

ステップアップとなります。

 

 

もし、あなたが今稼げていなかったとしても難しく考える必要はありません。

どれも一度覚えてしまえば簡単な作業ばかりですし、

これらは即金性にしても利益率にしても他のビジネスモデルに

比べるとはるかに優れています。

 

 

まずはこの転売ビジネスで実績を残し、潤沢な資金と

経験値を貯めてから、自分のやりたい事に挑戦していくべきです。

 

 

転売ビジネスは安く買った物を高く売るだけの

超単純なビジネスですから、これで稼げない人は何をやっても無理です。

 

 

ですが、僕の教え子や読者様方は、僕から学んだ事を

そのまま実践していけばおそらく単純に僕と同じレベルの

結果を残していく事ができますので、

 

 

僕の無料転売ビジネス講座や、裏メルマガなどで

実践的なテクニックやノウハウ、根本的なマインドの構築や

スキルアップのための勉強をしてもらえればと思います。

 

 

それでは講義は以上となります。

 

当ブログ限定裏メルマガはこちら

 

転売ビジネス無料講義はこちら

 

 

2 Responses to “今すぐ転売ビジネスで月収数百万円のステージへ。”

なぜ、転売ビジネスのみでは「失敗」するのか。 | 副業を超える転売ビジネスを追求する  にコメントする

このページの先頭へ