吉田慎也さんのSECONDEARTH レビュー

吉田慎也さんのSECONDEARTH 詳細

 

こんにちは、にの君です。

独自ルートから一般公開されていない

厳選された優良ICOを安定的に紹介することにより、

多数の「億り人」を排出してきたカリスマ

らしい、吉田慎也さんの新たなプロジェクトです。

 

FireShot Capture 354 - 2E I VR x ICO 吉田慎也 -Episode1- - http___2e-bigbang.com_story_xvwq001_

吉田慎也氏、

マイニングの分野で実績No.1

仮想通貨コミニュティ会員数30000人超え

完全無料をで優良投資情報を提供してきたようですが、

評判は良くはないようですね。

 

市場が直近で16倍まで拡大する。と予測され、

世界中が注目する「ある分野」の

プラットフォーム型コインのプライベートセールに

5分間限定で特別参加できます。

 

公開終了までのカウントダウンが現在締め切り準備中です

になって、ずっと、そのままです。

’5分間限定で’ も、白々しいかな。

 

1

 

しかも、

今回のコインは吉田慎也氏以外からの販売ルートは御座いません。

ですのでその他のWEBサイト、SNSからの購入することはできません、

十分にお気をつけください。と、あります。

そして、現在、仮想通貨市場で翻弄されているパターンを列挙しています。

 

上場後、5分の1、10分の1の価格になってしまい、

大きく資産を減らしてしまった。

 

届いておらず、どこに連絡したらいいのか

わからないまま不安になっている。

 

大きな取引所に上場すると言われていたが結局上場せず、

コインが塩漬けになってしまった。

 

どの情報を信じていいのか、分からず制度の高い分析が出来ない

 

根拠のある買いのタイミングが分からない

 

どの仮想通貨を買えばいいのか分からないし、

今持っている通貨をいつ手放せばいいのかも分からない

 

これらの悩みは彼(吉田慎也氏)からの情報を受取ることにより、

一気に解決することが出来ます。と、謳い、

さらに世界中が注目する「ある分野」について

勿体振りつつ、如何に注目市場であるかを書き連ねています。

 

今回ご紹介するコインの分野は

近年、急成長を遂げている分野に関連しており、

あのグーグルやフェイスブック、そしてウォールトディズニーも

多額の先行投資を行い、この分野の売上高は

283億ドル(3兆1000億円)まで伸びると予測される、

各国にいる精査チームがみつけた90%以上がICO割れをしていない

プラチナ市場であると。

 

 

「ある分野」とは 【VR市場】

 

では、LINEを確認。以下、内容です。

 

【7月20日(金)プライベートセールスタート】

私が今まで培ってきたノウハウやデータを集結させ、

今、『凄まじい勢いで伸びている分野』から恩恵を得る方法を

お伝えしていきます。

 

また、7/20(金)に行われる

【プラットフォーム型コインのプライベートセール】

に参加する為に必要なことをお伝えする重要なLINEになります。

 

さて、早速ですが

『直近で16倍まで伸びている市場』が何なのか?

という事に関して気になっていると思います。

こちらの回答をお答えしますと、今伸びているその市場は

【VR市場】 になります。

 

VRというのは『バーチャル・リアリティ』の略称で、

「仮想現実」とも解釈されます。

実は、このVRは仮想通貨の市場でも驚愕の実績を残しているのです。

現在、”ICO割れ”が多発している仮想通貨業界ですが、

VR系ICOに関しては

・VR関連銘柄は、上場後に約9割のICOが上昇

・平均上昇率は【33倍】

という実績を出しています。

 

そして、

今回のICOは『ただのお金儲けの為だけに行われているものではない』、

私が心からビジョンに共感し、より良い未来を作る為に

このVRプラットフォームが必要であると感じた

と言明しています。

 

そのICOが、どういうものかは動画で語っているようです。

先ず、吉田慎也氏について紹介

総額30,000名を超える仮想通貨の運営

常に30名近いICOの精査チームと海外で情報収集を共に行い

厳選した優良なICO案件を紹介し続けている。

あの「MINE」を日本で初めて紹介。

 

クラウドマイニングサービス

 

日本で初めてクラウドマイニングサービスを展開

5000名のクライアントを抱えマイニングの分野に

おいては日本でNO.1の実績を持つ。

 

この後、動画は進むものの、VRの説明、市場規模予測が続き、

今回、紹介するICOは、発行元が儲ける為だけじゅない、と

そこをアピールし、そのビジョンに共感したからこそ、

私はこのICOの紹介によって利益を頂くことはありませんし、

皆さんには期間投資家とかベンチャーキャピタルと

同じ価格で参加できるようにさせていただきます、と仰っています。

 

既に、そういう組織が購入した後に、

買わせるんじゃないということでしょうか。

そして、漸くICO案件の詳細です。

 

プロジェクト名前、それが SECOND EARTH。

VR上に新しい地球(第2の地球・SECOND EARTH)を

もう1つ作りだして、その中で円滑に経済活動を

行うためのプラットフォームを作り出すというのが

今回のICOビジョン。

 

面白そうですが、実態経済とは別に、それを作り出す

意義はどれほどあるのでしょうか。それが多くの方に

面白そう、斬新以上の見解が広がらないと

上場されたコインの値上がりも期待以上にはなりませんし、

そもそも、一般投資家が手に入れた金額より

実際のICO価格が下であれば、ICO割れになってしまう可能性もあります。

 

このSECOND EARTH 上では

標準で翻訳機能が組み込まれているそうです。

他には、距離が関係ないので、遠く離れた人と一緒に買い物が可能、

ヴァーチャルオフィスが作れる。

しかも、このVR、プロモーションビデオを見る限りでは、現実

世界と融合できるようです。

形あるスクリーンの中の世界ではないということですね。

 

FireShot Capture 356 - 2E I VR x ICO 吉田慎也 -Episode1- - http___2e-bigbang.com_story_xvwq001_

上記のような発展性が、VR関連のICOが平均し33倍の価値を

付けている理由だと閉めていますが、

あくまで可能性の話です。

しかも、企業名すら明かされず。

 

次回の動画では、開発陣、コインの名前等が公開されるということ。

 

最後に、LPで上げられているICO割れの理由を記載します。

・購入時のトークン価格が高い。

・上場までの期間が短く、プロダクトが出来ていない。

・事業を展開する市場が成長市場ではない。

 

7月20日に完全招待制のプレセールが行われるということですが、

SECOND EARTHというVR世界への期待値が上昇することと、

コインが上場以降、一般提供価格以上に確実に値上がりするかは

同列では、ありません。

 

私はこのICOの紹介によって利益を頂くことはありませんし、

皆さんには期間投資家とかベンチャーキャピタルと

同じ価格で参加できるようにさせていただきます、

と仰っていますが、そこの信頼性はどうなのか?

 

それとは別に、

SECOND EARTHというVR世界への関心があれば、

次の情報を確認してみましょう。

 

因みに特定商取引法に基づく表示見当たりません。

連絡がつかないということになるかもしれませんね。

それでは。

 


ご購読頂きありがとうございました。

ブログではお話することのできない

情報をLINE@にて公開しております。

 

即金で10万20万稼げるような

’’生の情報をお届けしております。’’

必ずご登録お願いします。

↓    ↓     ↓

 

友だち追加

↑    ↑     ↑

メルマガでも同様に

質の高い情報配信してます!

合わせてご登録頂ければと思います。

↓    ↓     ↓

>>裏メルマガ登録はこちら<<

↑    ↑     ↑

コメントを残す

このページの先頭へ